東京の人工透析クリニック厳選ガイド TOP » 【特色別】人工透析クリニック in 東京 » オーバーナイト透析を行っているクリニック

オーバーナイト透析を行っているクリニック

ここでは、オーバーナイト透析(睡眠中透析)のメリット・デメリットと、この方法を取り入れている東京都内のクリニックを紹介します。

住所 オーバーナイト透析日 休診日 電話番号
東京ネクスト
内科・透析クリニック
毎週金曜日 日曜日 03-5615
-1566
かもめクリニック 月・水・金 日曜日 045-228
-2212
横浜第一病院 月曜から土曜まで 日曜日
元旦
045-453
-6711

オーバーナイト透析(睡眠中透析)とは

オーバーナイト透析とは、睡眠中に7~8時間をかけて行う人工透析のことです。
睡眠時間を人工透析に当てられるため、時間を有効に使いたい人に人気の透析方法です。
また、長時間透析によるメリットを享受できるところも魅力でしょう。

けれども、オーバーナイト透析にはリスクも伴います。その最たるものが抜針事故です。透析中の寝ぼけなどで無意識に針を抜いてしまい、透析そのものが成立しなくなるだけでなく、生命の危険があります。

オーバーナイト透析のイラスト

クリニックの対応としても夜勤対応となるため、信頼できるドクターが在院せずに透析を行うケースもあるようです。

また、追加料金が必要なクリニックもあります。入院費だけでなく個室の費用が加算されることもあり、継続した治療が必要な人工透析患者にとっては、重い負担になりそうです。

さらに、装着されている器具が気になってぐっすりと眠れず、かえって疲労感が増してしまう人もいるそうです。そのような場合は、夜間透析などの方法を検討した方がよいでしょう。

オーバーナイト透析のメリットデメリット

メリット

  • 夜間の治療なので、日中の時間を自由に使える
  • 寝て起きたら終わっている
  • 拘束時間のストレスが少ない
  • 時間をかけて行うので、体への負担が少ない
  • 食欲が増え栄養状態が改善される
  • 合併症が改善し、薬を減らすことができる
  • 血圧が安定する
  • 一般的な透析では除去しにくい物質の除去率が上がる
  • 生命予後が良い
  • 食事制限が比較的緩い

その中でも特に注目したいのが、日中の時間を有効に使えることと体への負担が少ないということ。

一般的な透析は日中あるいは夕方から始まるため、仕事をしている方だと早退しなくてはいけませんし、主婦の方だと家事が十分にできないなど困ることも多いです。

周囲も透析治療を行う人に対して嫌な感情を持つわけではありませんが、仕事や家族に対して引け目を感じることで精神的に負担がかかってしまいます。

そもそも透析の治療は体への負担が大きいので、そこに精神的な辛さが加わるのは治療の経過にも影響を与えるかもしれません。

オーバーナイト透析は、普通ならば寝ている深夜の睡眠時間を使って透析を行う方法です。

仕事があっても終業時刻までしっかり勤務出来ますし、食事や入浴を済ませてからで十分間に合うので、家事を終えてから透析を始められます。精神面の苦痛を大幅に取り除いてくれるので、ストレスフリーで治療が受けられるというメリットになるのです。

また、透析は最低でも8時間ずっと寝たままの状態です。日中は血圧も変動しやすく不安定になるため、心臓をはじめとする身体全体にかなりの負担がかかります。透析後にはだるさも残り、すぐに通常の生活に戻れないのでQOL(生活の質)も低下しかねません。

オーバーナイト透析であれば、長時間の透析が可能なので時間あたりの除水量を軽減。夜間は血圧も安定しやすいですし、除水量が減少することで心臓や体への負担を大幅に軽減できると言われています。

治療の辛さを最大限まで減らせて、さらにQOLの低下まで防げるのはオーバーナイト透析を受ける上で大きなメリットのひとつになります。

デメリット

  • 実施可能な病院が少ない(全国で30施設前後)
  • 緊急時の対応が遅れがちになる
  • 慣れるまで寝付けない人もいる
  • (病院側のデメリット)人件費を考えたら収入や利益に繋がりにくい

オーバーナイト透析にはメリットがたくさんありますが、残念ながら上記のようなデメリットがあるのも実情です。

特にデメリットとなるのが実施可能な病院が全国でも30施設前後しかないということ。

病院によって設備は異なりますが、オーバーナイト透析は入院患者さんが増えるのと同じ状態になり、その対策として何かあった時に対応できる環境を整えておかなくてはいけません。

しかしながら、現在も医師・看護師不足が続いている状態なので、どうしてもオーバーナイト透析に対応できる病院は限られてしまうのです。

また、もうひとつ不可抗力的なデメリットを挙げるとすれば、オーバーナイト透析を受けるには「ほとんどの病院で条件とされている昼間の透析が難しく、オーバーナイト透析の必要性が明確にできること」が必須条件として挙げられます。

近くにオーバーナイト透析をしている医療機関があるとしても、「寝ながら透析できれば楽だから…」というだけで受けられないのはデメリットと言えますね。

他にも、介護を必要しない、合併症のコントロール状態が良好…などリスクマネジメントが出来ていることも条件となっているので、オーバーナイト透析を受けたい方は、事前に確認をしておく必要があります。

緊急時の対応が遅れるというデメリットは、自分でリスクを避けることが可能。

透析間に体重が増加していると、除水量が増えるため血圧が低下しやすくなるのですが、逆に体重や食事の管理をしっかりしておけば血圧低下による事故を防げます。オーバーナイト透析で最も重要なのが体重管理や食事管理になりますので、そこは否が応でもリスクヘッジが行なえます。

慣れるまで寝つきにくいというのは、オーバーナイト透析を受けるメリットと比較すればデメリットとは言い難いかもしれませんね。

数々のメリットがありますが、夜中の治療になるので、万が一何かトラブルが起きた時に気付かれにくいといったデメリットもあります。ですが、治療に入る前にしっかり準備をしておけば、事前に防げることなので安心してください。

オーバーナイト透析はどんな人におすすめ?

透析

オーバーナイト透析をおすすめするのは、日中の時間を拘束されては困る人です。具体的には、以下のような人たち。

  • 日中働いている会社員
  • 子育て中のママ
  • 夜ぐっすり眠れる人(神経質ではない人)
  • 透析の日に毎回体調不良を感じる人
  • 家族との時間を増やしたい人
  • 厳しい食事制限がきつい人

これとは反対に環境が変わると眠れない人には向いていないかもしれません。
通常の透析もオーバーナイト透析も向き、不向きがあるので何が一番いいかは一概には言えません。いくつか方法を試し、自分にあった治療法を選ぶことが大事です。

オーバーナイト透析を受ける場所は個室とは限らず、医療機関によってはカーテンの仕切りだけというところもあるので、他の患者さんの動きが気になったり、看護師などの話し声や医療機器の音で寝付けないということもあるでしょう。

ただし、普通の透析を受けている方で不眠の症状が出ていたり、睡眠薬を使用している方などは、逆にオーバーナイト透析を受けることで睡眠障害の改善効果が期待できます。

医療機関のデータでも、2人に1人の患者さんが睡眠に何らかの不具合があるとされていますから、睡眠障害がある方は向いていると言えるでしょう。[注1]

[注1]日本腎臓財団:特集 透析患者さんの良い眠りを考える[pdf]

オーバーナイト透析の流れ

オーバーナイト透析は睡眠時に行うので、通常の人工透析とは多少方法が変わります。会社に勤めている人でも仕事終わりに通院でき、出社前に家に帰ることができるので、日中の時間を有効活用できます。オーバーナイト透析を取り入れる多くの人は、日常生活に支障をきたしたくないのです。各病院によってスケジュールは異なりますが、おおよその流れをご紹介します。

  • 1.事前調査(体重、血圧測定。除水計算、コンソール入力など)
  • 2.夜8時〜11時の間に透析を開始
  • 3.消灯、睡眠
  • 4.8時間以上の透析
  • 5.終了後の処理(返血、体重測定など)

8時間と聞いたら気が遠くなるように感じるかもしれませんが、体感としては1〜2時間程度。快眠できるのか心配する方も多いのですが、すぐに慣れるので特に心配はいりません。

オーバーナイト透析も検討してみては?

治療できる病院の少なさから世間的に認知度はまだまだ低いですが、オーバーナイト透析には多くのメリットがあります。一般的な人工透析の治療と費用(保険請求)は同じ。

宿泊代や食事代が別途必要になる病院もありますが、金銭面の心配は特別いらないでしょう。オーバーナイト透析の治療をしている病院は非常に少ないので、近所で見つけられたらとても運がいいです。

特に昼間仕事をしている人は、仕事に差し支えがないというのは一番のメリットなのではないでしょうか?透析をしていることで日常生活に支障が出るのは避けたいもの。

なるべく普通の人と同じような生活を送れるようになるためにも、オーバーナイト透析はおすすめです。
気になった方は、ぜひカウンセリングだけでも受けてみてください。

オーバーナイト透析クリニック 5選

ここでは、事故防止のための取り組みを十分に行ないながらオーバーナイト透析を行っているクリニックを、ご紹介します。

東京ネクスト内科・透析クリニック

週1回追加料金なしで受けられる

毎週金曜日に、オーバーナイト透析を実施しています。

また、透析開始時間が夜遅い時間になるので、仕事で残業しても大丈夫です。東京ネクスト内科・透析クリニックでは、週に1回オーバーナイト透析を追加料金負担なしで行っています。

パーテーションによるプライバシーの確保や、シャワールームも完備され快適です。BV計の導入により、睡眠中の血圧測定の必要がないので、睡眠を妨げられることもありません。

東京ネクスト内科・透析クリニックについて、公式HPでもっと詳しく >>

かもめクリニック

ホテル並みの透析ルーム有

横浜みなとみらいにあるクリニックです。週3回オーバーナイト透析を行っています。

ホテル並みの仕様を誇る半個室の透析ルームを用意。睡眠中の脈拍を測定し、徹底した安全管理となっています。

長時間透析を受けることにより、食事制限が緩和されるのもメリットです。また、仕事帰りに透析を受けることもできます。ただし、料金はかなり高額であるとのことなので、継続的な治療にはある程度の治療費がかかりそうです。

かもめクリニックについて、公式HPでもっと詳しく >>

横浜第一病院

個室でプライベートな時間を過ごすことが可能

横浜駅近くにあります。個室または半個室に一泊しながら深夜に透析し、翌朝にシャワーを浴びてから出勤するというスタイルが可能です。

パウダールームや大型テレビ、インターネット環境も整えられ、プライベートな時間を過ごすことができます。ただし、個室利用にはホテル暮らしのようなサービス料がかかります。

横浜第一病院について、公式HPでもっと詳しく >>

腎内科クリニック世田谷

ホームページにはわかりやすくオーバーナイト透析の説明が掲載されており、患者様の不安を軽減させる取り組みに力を入れています。

睡眠中に針が取れてしまわないよう固定したり、血液低下を防ぐためのモニターを搭載するなど徹底したクリニックです。

腎内科クリニック世田谷について、公式HPでもっと詳しく >>

田端駅前クリニック

カルテを電子化することにより、患者様もご自身の身体の様子を見れるよう取り組んでいるクリニックです。データが可視化されることで自己管理意識が高まるので、患者さんの日常的な体調が良好になるよう配慮されています。

田端駅前クリニックについて、公式HPでもっと詳しく >>

まとめ

睡眠時間中に透析を行うオーバーナイト透析は、目覚めれば終了している、拘束時間が少なく、睡眠障害の改善も期待される透析方法です。一方でこの透析の一番のリスクとされる抜針事故防止に対する万全の態勢が不可欠であり、実施可能なクリニックが限られているのが現状です。

その他人工透析には夕刻以降に透析を開始する夜間透析や、合併症に対応可能な透析など、いろいろな種類があり、ここではそれらに対応可能なクリニックを紹介しています。透析に関する重要な基礎知識をすべてまとめてありますので、ぜひチェックしてください。