東京の人工透析クリニック厳選ガイド TOP » 【特色別】人工透析クリニック in 東京 » オンラインHDFを導入しているクリニック

オンラインHDFを導入しているクリニック

ここでは、オンラインHDFのメリットと、これを導入している透析クリニックをご紹介します。

HDFの基礎知識

HDFとは、Hemo Dialysis Filtrationの略で、「血液濾過透析」と訳されます。

一般に行われている透析は、拡散という現象を利用して血液内の老廃物を取り除く方法で、HD(Hemo Dialysis)と呼ばれます。
血液を身体から取り出し、中空糸膜(マカロニ状の繊維の壁の部分に分離膜としての機能を持たせたもの)の中を通しながら、その外側に循環させた透析液に老廃物を拡散させて取り除きます。

一方、濾過により血液内の老廃物を取り除く方法を、HF(Hemo Filtration)と呼びます。
身体から取り出した血液に補液し、圧力を加えて濾過し、老廃物を取り除きます。この方法では、圧力をかけるので、より大きな老廃物を積極的に排除することができます。

HDFの概要

HDFは、HDとHFを合わせて行う血液浄化施術です。

HDFでは、従来の透析(=HD)では取り除けなかった大きな不純物も取り除くことができるので、かゆみ、しびれ、関節や骨の痛み、倦怠感や疲労感などの不快な症状を改善することができます。
また、透析中の血圧が安定するので、患者さんへの直接的な負担も少なくなります。

ただし、非常に純度の高い透析液やHDF管理機能を持った最新の透析システムなど、多額の設備投資が必要なので、なかなか導入できないクリニックが多いようです。

オフラインHDF?オンラインHDF?

同じHDFでも、オフラインHDFとオンラインHDFでは、効果に差があると言われています。

オフラインHDFは、濾過のための補液を瓶やバックから供給するので、加えられる補液量は限られています。しかし、オンラインHDFは、透析液をそのまま補液として使用するため、濾過のために加えられる補液量が非常に多くなります。そのため、オンラインHDFの方がより多くの老廃物を取り除くことができると考えられます。

オンラインHDFの流れ

オンラインHDFはきちんと水質管理された水さえあれば、それほど複雑な治療ではありません。では、どのように施術されるのか、大まかな流れをご紹介します。

  • 1.無菌化、無毒化された補充液を用意する
  • 2.圧をかけて血液の一部をフィルターに通すことにより毒素を含んだ水分を体外に出す
  • 3.必要以上に体外に出てしまった水分を補うために補充液を体内に入れる

以上です。こうしてみるとすごくシンプルですね。オフラインHDFの場合は何度もボトルを付け替えなければいけないので、大量の血液を交換することは難しいのですが、オンラインHDFは補充液を直接利用するので大量の血液を入れ替えることが可能です。

従来の透析とオンラインHDFってなにが違うの?

従来の透析とオンラインHDFの違いにはどのようなものがあるのでしょうか?
どのような治療法かはすでにご存知だと思うので、それぞれのメリットとデメリットを比べます。

従来の透析のメリット

  • 分子量が小さい尿毒素を除去できる
  • 1968年に保険が適用されたので、慣れている医師が多い

従来の透析のデメリット

  • 長期治療によるアミロイドーシス(合併症)の危険性がある
  • 関節痛やかゆみの原因になる毒素を排除できない

オンラインHDFのメリット

  • 一度に大量の体液を交換できる(30L〜60L)
  • 副作用がおきづらい(体調不良、血液低下、足がつる等)
  • 症状改善、予防が期待できる
  • これまで除去できなかった老廃物を除去できる
  • 従来の透析では対応できない透析アミロイド症または透析困難症の患者さんの治療が可能
  • 血圧変動が少なく処置回数が少なくて済む

オンラインHDFのデメリット

  • 小分子の老廃物を取りのぞきにくい
  • 体に必要なものまで除去してしまう恐れがある(アルブミン等)
  • (病院側のデメリット)専用の機械を導入しなければいけない
  • (病院側のデメリット)透析液の水質管理が大変

メリットを見てもらえればわかるのですが、今までのものと比べると圧倒的に優れていることがわかります。従来の透析にさらにろ過の過程を加えたものなので、当たり前と言えば当たり前です。

オンラインHDFが保険適用になったのが2012年のこと。それをきっかけに、オンラインHDFの施術を受ける患者が急増し、今では一般的な治療法になっています。年々その技術も上がってきており、水分バランスをしっかりと管理できる透析機器なども登場してきています。

また、分子量が小さい尿毒素を除去するのに適している従来の透析とオンラインHDFをうまく組み合わせた治療も可能です。

オンラインHDFはどんな人におすすめ?

オンラインHDFは多くの人にもおすすめできるのですが、特におすすめは以下のような患者さんです。

  • 透析アミロイド症または透析困難症の方
  • 人工透析中に体調不良や足がつるなどの副作用が出ていた方
  • 人口透析中に血圧が低下しやすい方
  • 従来の治療でかゆみがひどい方

従来の人工透析が体に合わなかった人にとってはオンラインHDFは救世主といった感じです。
反対に、血流量が十分に得られない方や、栄養状態が著しくない方、シャントの状態が良くない方には不向きです。

最新システムのオンラインHDFがやっぱりおすすめ

オンラインHDFは、言ってしまえば従来の人工透析の進化版だとも言えます。これまでの人工透析は、副作用を考えるとあまりにもデメリットが多く、改善が見られることは難しかったです。ですが、2012年から徐々に広まりつつあるオンラインHDFは明らかにメリットが多く、全力でおすすめできる治療法です。

患者側からしたらメリットばかりですが、病院側からしたら大変なこともたくさんあります。体内に入れる補充液の管理が一番大変で、費用も手間もかかります。したがって、オンラインHDFの治療法を取り入れている病院もあまり多くなく、現状選択肢が少ない状況。

治療してくれる病院があまり多くない中でも、もちろんおすすめできる病院はいくつかあります。オンラインHDFに特化した病院を次の項目で紹介します。これらの病院は、スタッフが皆詳しい知識を持っているので、安心して任せられます。ぜひ、チェックしてみてください。

オンラインHDF導入クリニック 3選 in 東京

ここでは、オンラインHDFを導入しているクリニックをご紹介します。

江戸川橋鈴木クリニック

全床にオンラインHDFを導入

オンラインHDF専門のクリニックです。院長の鈴木先生は、日本でこの手法を採用したパイオニアで、さまざまな研究も行っています。

もちろん全床にオンラインHDFを導入しています。オンラインHDF専用に建てられた施設で、浄水器やフィルター、専用の機器もそろっています。

長期に渡り透析治療を受けている方で合併症を改善したい方、透析は始めたばかりでも長期間尿量を維持したいという方に特におすすめしたいクリニックです。

江戸川橋鈴木クリニックについて、公式HPでもっと詳しく >>

渋谷笹塚循環器HDクリニック

最新式のオンラインHDFを全台完備

全台オンラインHDF対応の最新式透析装置を導入しています。また、純度の高い透析液を調合する透析薬剤精製システムも完備。

通常の透析よりも多くの老廃物を取り除けるため、かゆみや貧血、血圧低下などの体調不良を予防できます。

スタッフ全員がオンラインHDFに関する詳しい知識を持っているので、安全で安心な透析治療が可能です。

体重管理や食事制限も緩やかになるため、体力もついてきます。働き盛りの方にもおすすめできる透析療法です。

渋谷笹塚循環器HDクリニックについて、公式HPでもっと詳しく >>

腎内科クリニック世田谷

AFDやHDFも行っている

透析患者さんができるだけ元気で長生きできるよう、さまざまな取り組みをしているクリニックです。

全床でオンラインHDFに対応しており、患者の身体の負担を減らす施策も行っています。他にも無酢酸透析(AFD)や間歇補充型HDF(I-HDF)療法なども行っていて、自分に合った透析療法が選べるのが特長です。

腎内科クリニック世田谷について、公式HPでもっと詳しく >>

まとめ

HDでは取り除けない不純物を取り除くことができ、不快な症状がでにくいHDF。そしてより多くの老廃物を取り除くことができると考えられているのがオンラインHDFです。導入しているクリニックはそう多くはありませんが、メリットが多いのでまだ未体験という人はぜひ検討してみたい透析方法です。

その他にも、仕事帰りに通いやすい夜間透析や、透析を睡眠時間に当てられるオーバーナイト透析、ネットやDVDをリクライニングチェアで楽しめる透析などもあります。自分にあった透析を見つけられるよう、さまざまな透析を確認してみましょう。