東京の人工透析クリニック厳選ガイド TOP » 人工透析を受ける前に知っておきたい基礎知識 » 透析を旅行中に受ける方法

透析を旅行中に受ける方法

透析治療を受けていても旅行をすることは可能です。普段と同じように、食事や運動などの自己管理をきちんと行い、旅行中でも透析に対応してくれる施設を見つけて、安心して旅行を楽しみましょう。

国内旅行中に透析を受ける場合のポイント

まずは主治医に相談

透析治療を受けている人が旅行を計画する際は、まずかかりつけの主治医に相談しましょう。体調や行き先、日数などを鑑み、無理のない範囲で計画を立てます。

透析施設を探す

透析治療は、施設によって細かな手順の違いはあっても、基本的な治療方法は同じです。透析を受ける人の血圧やドライウエイト、シャントの位置、血流量など、条件が明確になっていれば、どこの施設でも透析を受けることができます。

旅先の透析施設は、インターネットで探すことができるほか、通院中の透析施設に相談したり、全腎協から情報提供を受けることもできます。

依頼の際には紹介状を渡す

だいたい、旅行の1ヶ月前までに旅先の透析施設へ依頼を行います。その際、主治医に紹介状(治療条件や検査データなどの診療情報)を書いてもらい、旅先の透析施設へ送っておきます。

医療費助成の清算

自治体独自の医療費助成は、旅先の施設では受けられないことがあります。その場合は、旅行中は一旦自費で支払い、帰ってきたあとで自治体に清算の手続きを依頼します。

その際、自治体によっては細かい診療内容を確認されることもあり、場合によっては旅先の透析施設へ書類の発行を依頼しなくてはいけない可能性もあります。あらかじめ旅行前に自治体に必要書類を確認しておくと安心でしょう。

海外旅行中の透析

旅行前の準備

海外旅行を計画する際は、長い移動時間や時差を考慮して、余裕のある日程を組む必要があります。旅行の約2~4ヶ月前には主治医に相談して、施設探しや予約を済ませておくと安心です。国や施設ごとにメディカルレポートの確認事項が異なり、事前に感染症検査を必須としている場合もありますので、余裕を持って準備しましょう。

もしものときの備えとして、持病が悪化した際の応急治療費を対象にした海外旅行保険への加入も検討しましょう。旅先での盗難や携行品の故障も補償してくれるものと一体になっている保険もあります。

旅行中の注意点

透析施設について確認

出発前に必ず透析施設の場所と行き方を確認しておきましょう。慣れない場所である上、初めての施設になりますので初回は早めに到着するように心がけましょう。国や施設によって、服装や食事、支払い方法などのルールが異なりますので、予め確認しておくことが望ましいです。

旅行中の食事

旅行中はついつい美味しいものを食べすぎてしまいがちですが、塩分やカリウムの多い食事には注意しましょう。食べすぎたと感じたら次の食事で調整し、過剰摂取にならないように心がけます。大手航空会社の機内食には、低塩食や糖尿病対応食などが用意されていますのでフライト予約の際に申し出ましょう。

帰国後の手続き

帰国後には、現地で支払った透析治療費の還付請求手続きをします。手続きには、療養費支給申請書・診療内容明細書(※要日本語訳)・領収明細書(※要日本語訳)・治療費全額の領収書(原本)・パスポート・印鑑・銀行口座がわかるもの…等が必要とされます。