東京の人工透析クリニック厳選ガイド TOP » 人工透析を受ける前に知っておきたい基礎知識 » 透析の疑問を解説!【透析Q&A】

透析の疑問を解説!【透析Q&A】

透析の疑問Q&A

透析中にかゆみが出るのはなぜですか?

透析の患者さんは、かゆみを訴える方がとても多くいます。ある調査では、実に70%程度の方がかゆみを経験しているそうです。

透析患者さんのかゆみの大きな原因としては、肌の乾燥にあります。患者さんの肌を調べてみると、角質の保水能力が低下している傾向にあったそうです。さらに水分制限による発汗の低下、汗腺数の減少も乾燥肌の原因になっています。また、末梢神経障害や電解質異常などもかゆみの原因になると考えられているようです。

対策としては、まず保湿などのスキンケアをおこなうこと、それでも軽減されなければ、抗ヒスタミン薬などの処方を検討しましょう。

透析の時間や回数を減らせませんか?

透析の時間や回数は、食事の量や体格などによって決定しています。また、透析をする機器によっても多少の差が出てきます。

通常では1回3時間から4時間、週3回の透析が十分な透析効率を得るための最低限の時間と回数になっています。医療技術の進歩によって、ある程度までの短縮は可能になっていますが、一番の問題は身体への負担です。血圧の低下が起こると、赤血球の破壊による貧血や水分による心不全の危険があります。安全に透析をおこなうには、最低限の時間と回数が必要になるということです。一度透析治療が始まると、簡単に時間や回数を減らすのは難しいと言えるでしょう。

血液透析とは何ですか?

腎臓は血液によって運ばれてきた体内の老廃物をろ過して、尿中に排出する働きをしています。腎不全となった患者さんは、この機能が低下して血液中に老廃物が溜まってしまいます。これを防ぐためには人工的に血液をろ過する必要があり、その治療が血液透析治療と呼ばれます。

なぜカリウムを制限する必要があるのですか?

腎機能が低下すると、カリウムの排出がうまくできなくなります。カリウムは細胞や筋肉、神経が正常に働くために非常に重要な役割を持っていますが、過剰になると筋肉の動きに異常を来し、心臓の動きを止めてしまうこともあります。このような高カリウム血症を防止するためにカリウム制限は必要になるのです。

食事の制限が必要ですか?

透析をはじめる場合、体調を維持するためにも食事制限は必要となります。透析導入前のたんぱく制限や塩分制限などを、少し緩くした感じだと思ってください。塩分や水分、カリウムのコントロールが重要になります。高齢者の場合は低栄養になりがちなので、積極的に食事をとるようにしてください。食事の方法は管理栄養士が指導してくれるので、しっかりと確認しておきましょう。ある程度ならお菓子も食べられるようですが、食べ過ぎは厳禁です。