東京の人工透析クリニック厳選ガイド TOP » 人工透析を受ける前に知っておきたい基礎知識 » 費用相場と東京都の医療費助成

費用相場と東京都の医療費助成

人工透析にはいくらかかる?

人工透析にかかる費用は月に約40万ほどと言われており、自宅で行う腹膜透析の場合、35万から70万となり、患者さんにとって非常に重い負担になってしまいます。

そういった費用に対する不安を抱かれている方が、快適な透析ライフを送っていただけるようにここでは人工透析を受ける上で活用できる医療制度をまとめてみました。 各医療制度をご確認いただいて治療をより快適なものにしませんか。

健康保険

「健康保険」を適用して人工透析を受けていただくと40万かかるところが70%が保険適用になり自己負担が12万円になります。「健康保険」には種類があり、代表的なもので「協会けんぽ」と「組合健保」があります

「協会けんぽ」は中小企業で測らく従業員やその家族が加入することができます。 各地の協会支部に申請書を提出することで申し込むことができます。

「組合健保」は常時700人以上を雇用している企業や、同じ業種の企業が集まって3000人以上の従業員がいる場合に企業が自前で健保組合を設立でき、従業員とその家族が加入できます。 企業に直接申請書を提出することで申し込むことができます。

また、「国民健康保険」もあり、こちらは自営業の方など、「健康保険」に加入する従業員とその扶養家族以外の人が加入できます。国民健康保険」はすべての市区町村役場で申請でき本人の確認が取れる書類が必要になります。

高額療養費制度

健康保険の高額療養費制度で特定疾病療養受領書の交付を受けていただくと、人工透析患者の自己負担限度額は1つの医療機関につき月に1万円までとなります。上限額は、年齢や所得に応じて定められており、高額所得者の場合だと2万円までとなります。

ただし、複数の医療機関を受診した場合、それぞれの医療機関ごとに上限額を支払います。 それにより医療機関の窓口での支払いは、多くても1万円になるわけです。

受領書がない場合は、一度自己負担分を支払って、後日返金することになります。高額療養費制度の申請はご自身が加入している公的医療保険(健康保険組合、協会けんぽのと同福家二部、市町村国保、後期高齢者医療制度、共済組合など)に、高額療養費の支給申請書を提出すると支給を受けることができます。

その際に病院などの領収書の添付を求められることもあります。ご自身がどの医療機関に加入しているかは保険証の表面に記載されていますので確認できます。

医療費助成

東京都では、人工透析を受けている方を対象とした医療費助成制度があります。人工透析を受けている患者の方に、医療保険各法等を適用医療費等の自己負担分の助成を行っています。

申請すると「マル都医療券」が交付され、自己負担額の上限である月額1万円程が助成されます。助成希望の方は下記の必要書類を揃えてお住まいの保健所に申請してください。診断書は不要です。

  1. 難病医療費助成申請書兼同意書(お住まいの区市町村の窓口にあります。)
  2. 住民票
  3. 健康保険証の写し
  4. 高齢受給者証をお持ちの方は、その写し
  5. 特定疾病療養受療証」の写し

1から5をお住まいの区市町村の窓口に提出してください。

「マル都医療券」の発行までには、1ヶ月程度かかり、医療券は、申請書等一式をお住まいの区市町村の窓口に提出した日から有効になりますので、人工透析の開始後お早めにに申請してください。

身体障害者手帳の申請

「身体障害者手帳」は、身体障害者が障害者割引や医療費助成などを利用するときに手出する手帳のことで、傷害の重さによって等級が決められています。

人工透析は手帳の交付対象になり、その等級は1級となります。「身体障害者手帳」が交付されると、所得控除や障碍者割引、医療費助成が受けられるほか各種の福祉サービスが受けられ、医療費の面ではケガや風などの人工透析以外の病気の診察でも適応されます。

「身体障害者手帳」の申請には、下記のものが必要になります。

  1. 身体障害者診断書・意見書 (発行から1年以内のもの)
    用紙はお住まいの区市町村の障害福祉担当窓口にあります。診断書の作成は「身体障害者福祉法第15条の指定」を受けている医師に依頼してください。
  2. 申請する方の写真(縦4センチ×横3センチ、帽子は不可。デジタルカメラによる自己作成でも可能ですが、写真用紙を使用してください。)
  3. 交付申請書

用紙はお住まいの区市町村の障害福祉担当窓口にあります。また、申請の際には、マイナンバーの記載も必要ですが手帳に記載されることはありません。

人工透析を開始したら速やかに申請を

以上ここまで人工透析を長く続けていくにあたってお得に快適にできるような方法を紹介してきました。

これらの各種助成制度を利用していただいて、高額な費用が掛かることがある人工透析の価格を抑えて費用に心配することなく治療に専念することができます。

国や東京都が提供する医療サービスを活用し快適な人工透析ライフを送っていきましょう。