東京の人工透析クリニック厳選ガイド TOP » 人工透析を受ける前に知っておきたい基礎知識 » 人工透析と合併症

人工透析と合併症

medical

腎臓の機能に支障をきたし人工透析を受けている患者さんにとっては透析の安全性は非常に重要なものであり多くのクリニックではこの安全性に十分な注意を払って透析を行っています。

しかし、だからといって完全に他の症状が併発されなくなる、というわけではありません。人工透析の合併症について十分な知識を持ちしっかりと対策を行うことが重要です。

ここで紹介する東京のクリニックではこれらの指導のほか患者さんの健康管理についても十分な配慮を行っていますので、クリニック選びの参考にもしてみてください。

人工透析を始めて間もない人は短期的合併症に注意

人工透析は腎臓の代わりに血液を綺麗にして、不足した酸素などを補う効果がありますが、血液を体外に出して投石機で急激に老廃物を除去するため腎臓の機能とは異なり急激な血液の変化が発生します。

そのため老廃物を除去して体外に戻された血液と体内に残っている老廃物が存在している血液との状態の差が激しくなり、そのために体の様々な部分で異常をきたしてしまうことがあります。

この主な原因は体が透析に慣れていないために体の細胞が血液の濃度の変化についていけず一時的に異常をきたしてしまうものですが、ある程度人工透析に体が慣れることによって症状が改善されることが少なくありません。

ただし血液の濃度に影響するような水分の取りすぎや塩分やタンパク質の取りすぎは大きな影響を及ぼすことが知られているため人工透析を受ける場合にはこれらの点に充分に注意し体調を維持して行うことが大切です。

東京の人工透析を行う多くのクリニックでは食事等の注意点についても患者さんにしっかりと指導しているところが多いので、この指導の意味をよく理解ししっかりと守ることが大切です。

人工透析には大きなリスクが伴うことを理解しよう

人工透析は腎臓が弱って機能しなくなった人の腎臓の機能の代わりをするものとして用いられている方法ですが、完全に腎臓機能の代わりとなるものではありません。

そのためその特性を知り十分に対策を行わないと体の色々な部分に負担がかかり最悪の場合には死に至ることもあるので十分な注意が必要です。

人工透析の主な目的は腎臓の代わりに血液の状態を正常化し老廃物を除去するとともに酸素などを補助し正常に身体の細胞が維持できるものとすることですが、腎臓にはその他に緩やかに血液の状態を浄化したり、全身の血液の濃度のバランスを維持したりするような細やかな機能があります。

しかし人工透析においてはこれらの細かな機能は実現することができないため、人工透析を受ける患者さんは医師の指導に従いそのリスクをできるだけ減らすことができるように注意をすることが重要です。

心臓に負担がかかりやすい点に注意しよう

人工透析は急激に血液を浄化し体内に戻すと言う施術になるため、血液の濃度が透析前と透析後とでは大きく変化します。

そのためその濃度のバランスを取るために心臓が過剰に機能し、大きな負担がかかってしまうことが少なくありません。

また人工透析を受ける患者さんは尿を排出することができないことから体内に水分や塩分が溜まりやすく、これらの状態も心臓に大きな負担をかけてしまうことが多いのです。

加えて人工透析を受ける状態に至る患者さんの多くは高血圧や糖尿病を患っていることも多いため、これらの疾病も心臓に大きな負担をかけてしまう要因となります。

そのため心臓の状態に常に注意し適切に医師の診察を受けながら人工透析を行うことが大切です。

またその他の疾病に関してもしっかりと医師の診察を受け改善に努めるとともに、日常生活においても心臓に負担をかけないような食事に関する注意や適度な運動など様々な面で自己管理を徹底することが大切です。

タンパク質の取りすぎに注意しよう

健康な人にとってタンパク質は非常に重要な栄養素であり、積極的に摂取することで体の様々な部分の強化につながるほか重要なエネルギーとなるものですが、人工透析を受けている人にとっては、たんぱく質はとりすぎると多大な悪影響を及ぼす可能性が高いので十分な注意が必要です。

タンパク質は体内に入ると栄養素とリン酸に分解され、リン酸は老廃物として尿と一緒に体外に排出されますが人工透析を受けている人の場合には尿が排出されないため林さんが体内にとどまりリン酸過多と言う病気になる可能性が高くなってしまいます。

リン酸過多になるとカルシウムの生成が阻害され骨がもろくなりちょっとしたことで骨折をしたり体の動きが鈍くなったりするといった問題を生じてしまうことがあります。

さらに血液の内側に付着して硬化し血管を詰まらせたり、心臓の弁に付着して動きを鈍くしたりするなどの問題を発生させることがあるため、十分な管理が必要です。

透析アミロイド症の存在を意識しよう

人工透析を継続的に行っていると、透析では十分に除去できないβ2-ミクログロブリンと呼ばれる尿毒素が体内にたまってしまうことになりこれが身体に様々な障害を引き起こすことがわかっています。

具体的にはβ2-ミクログロブリンがアミロイドという物質を作ることで、腱や骨、あるいは関節の部分に蓄積し、しびれや痛みを発生させる要因となるのです。

アミロイドが増えると関節の部分の動きが鈍くなりその部分の痛みや悪化すると関節の可動域が少なくなるなどの障害を発生させてしまうことがあるため、十分な注意が必要です。

残念ながら人工透析ではこのアミロイドの発生を完全になくす事はできないため、現在では発生を遅らせる治療が中心に行われています。

人工透析の効率を高めたり、痛みを和らげたり対症療法を行うことが中心となっています。

免疫低下や感染症に注意しよう

人工透析を行っている患者さんは健康な人に比べ様々な病原菌に対する免疫やその対象の能力が低下していることが多いので十分な注意が必要です。

常に体を清潔に保つとともに必要な栄養素の適切な摂取と体力の維持を心がけることが大切で、基本的には医師の指導のもとその免疫維持に努めることが最も重要となります。

人工透析を受けている人は健康な人に比べて様々な問題を抱えてしまうことが少なくありません。

健康な人であれば問題のないことであってもさまざまな病気にかかりこれが原因で死に至ってしまうことも少なくないのです。

東京のクリニックでは人工透析を受ける患者さんに対して合併症を防ぐために様々な指導を行っているほか、適宜検査を行っておりその健康維持に努めています。

その中でも良いクリニックを選ぶためには様々な条件を自ら判断しより適正な人工透析及び緊急時の対応などをしっかりと行ってくれるクリニックを選ぶことが大切です。

具体的には合併症に対する知識が豊富でまた日ごろから様々な対策をしっかりと行ってくれるところが良いクリニックといえます。

また緊急時でもしっかりと対応してくれるクリニックを選ぶことも重要です。

さらに人工透析の方法についても十分に確認をすることが大切です。

最近は透析を受けている患者さんの中にも仕事などで非常に忙しい人が多く短時間で人工透析を受けることができるクリニックの人気が高くなっていますが、短時間での人工透析は心臓に大きな負担がかかるため十分な体力と健康状態が確認された状態でないと合併症の危険を伴ってしまうリスクがあります。

さらに短時間で人工透析を行うと老廃物が十分に除去されないことになるため、心臓に大きな負担をかけるほか透析アミロイド症に至る可能性が高くなることも否めません。

そのため数回に1回はじっくりと時間をかけて人工透析を行うことが必要で、その時間を十分にとることができるクリニックを選ぶことも重要です。

doctor

人工透析と合併症は切っても切れない関係にありますが、東京のクリニックではそのリスクを極力減らすために様々な施策を行っているところが増えています。

また患者さんの側も合併症の危険を十分に理解し、よりリスクを減らすことができるクリニックを選ぶことが重要です。